メェちゃんとお散歩

山羊のメェちゃんとの楽しい毎日です。
Posted by belle   0 comments   0 trackback

山の話

夏がく~れば おもいだす~

ってことで、夏!です夏!

夏といえば、私の父は山屋で、私も小学4年の時に白馬岳に登って(強制的に連れて行かれて?)以来、夏のお盆といえば毎年登山でした。

其の当時はただただしんどくて、登山を楽しむ・・・どころではなかったように思います。

その頃はうちの自動車も軽自動車で、父は一晩運転をして朝、山に到着。そのまま登山・・・
重いテントに私たちの食糧・・・
考えてみれば、すごい体力ですね~

車が苦手だった私は山のグルグル道を登っていくのも本当につらく、毎回車酔いをしていました。

その頃に覚えた高山植物、雷鳥や這い松・・・

テントから見た満天の星空・・・

山小屋に泊まった時には夕方になるとあちこちから流れてくるラジオの天気予報・・・

山の水の冷たさ・・・

黒部五郎岳から双六、そして槍・・・
黒部五郎では山肌から流れ出てくる黒部川の源流に感動したり、槍の頂上ではあまりの狭さに怖くて立てなかったなぁ・・・

白馬では大雪渓を渡ったり、大学生のパーティーからレモンももらったっけ・・・

地蔵ではおっきい岩?の頂上は下を見れなかったなぁ・・・

他にも鳳凰三山、もちろん富士山、八ヶ岳、駒ケ岳、穂高、五龍、針の木、笠が岳、唐松、鹿島槍・・・
あとはどこだったっけ・・・
いろいろ縦走したから忘れちゃったな~(苦笑)

そして、いつも8月15日には山を下りて、諏訪湖のほとりの片倉館で温泉にはいって夜には諏訪湖の花火大会をみてから家路につく・・・

それが私が短大を卒業するまでの毎年の夏休みの恒例行事でした。

また、登りたいなぁ・・・

って、マンガの「岳」を読みながらふっとあの頃にトリップしてしまいます。

今だったら、もっと山道を楽しみながら登る事が出来るかもしれないな。
そして、あの頃とはちがった楽しみ方が出来るかもしれないな。

そのためには・・・
まず体力!戻さないとな~(苦笑)
     
               200807171424000.jpg
                  お~い!雲!そんなに急いでどこへ行く~!?
                     っていうのがあったな~
          

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://meechan565.blog37.fc2.com/tb.php/293-36138bd7